about

こんにちは、
暮らしのもの工房 立花六花です。

信楽で陶器を作っています。
立花六花(りっかろっか)は、
古語で雪を意味する「六花(りっか・ろっか)」から連想した造語です。

ある雪の降る日に そっとてのひらを空へ向けると
ひとつ そしてまた ひとつ
雪の結晶が降りてきては消えていき それがとても美しいと思いました
雪の結晶は一つとして同じものがないといわれます
そして 奏でる音も 気温や湿度によってさまざま
ぱらぱら ぽつぽつ  ぱちん ぱちん!
時には音もなく ふわりふわりと
同じ氷なのに 面白い…

手しごと品を手掛けるからには、私も一つひとつ
ちょっとずつ違っていて唯一無二のものをお届けしたい…
出会った時にどこか愛らしく、心躍るようなものをお届けしたい…
そんなコンセプトで、ものづくりをしています。

※合計金額10,000円以上のご購入で送料無料にさせていただきます。
 自動設定しておりますが、念のため決済時に無料になっているかご確認ください。